『水の柩』 / 道尾秀介

画像



彼の最新作です。

「二十年後の自分へ」というタイムカプセルへ入れた手紙の書き出しで始まります。

意味深な書き出しにかなり期待をして読み始めましたが、物語は淡々と進んでいき、期待とは違った内容でした。

語り手である主人公の同級生の≪いじめ≫や、祖母の生い立ちなどが中心に進んでいきます。

同級生が自殺をしてしまったような書きかたをしていますが、実は違ったものであるというような道夫さん特有のトリック的なものも健在でした。

しかし、ショベルカーで掘ったタイムカプセルの穴を中学生2人で夜中に掘り返すというような現実的ではないようなところは引いてしまった。

本のタイトルは、ダムの底に沈んでしまった村のことを言っているんでしょうね、きっと。
テーマは“生きるためについた嘘”なのかな?

道尾さんらしい美しい文章で描かれる見たことのない景色の数々は、良い感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック