『OUT』 / 桐野夏生

画像


深夜の弁当工場で働くパートの主婦・弥生が暴力に耐えかねて夫を殺害。パート仲間でその死体をバラバラにして捨てた事件をきっかけとして、平凡な主婦たち四人が自由を求めて日常を離脱・脱社会化(OUT、アウト)してゆく物語である。
-以上は Wikipediaより

皆様ご存知かと思います。彼女の大ヒット作品です。
京ちゃんから借りました。

2000年 新宿スペース・ゼロにての舞台を観に行ったことがありますが、本を読むのは初めてでした。

読み始めて、まず疑問に思ったことがありました。『何故、雅子は弥生のことをあんなに簡単に手助けをしたのか?』
その答えは、読み終わっても判らなかった。
メインの主婦4人の設定は、普通にどこにでも居るような人たちです。いくら金の為とはいっても、あんな簡単に犯罪に手を染めてしまうものなのだろうか?
その辺りをもっと詳細に書いていただけると良かったのかなと思っています。

それはさておき、私は小心者なので、この手の小説はどうしても(この先どうなるのかと)ドキドキしながらスラスラと読んでしまいました。

とても楽しめました、面白かったです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック