『ストロベリーナイト』 / 誉田哲也

画像



グロイ表現がきつかった。

吐き気をもよおすほどの強烈な描写!ここまで強烈なのは、「沼田まほかる」さんの作品を読んで以来です。

でも、ストーリーや主人公の姫川玲子ほか、クセのあるサブキャラの刑事たちはGOODです。

姫川に警察官になることを決意させたエピソードの場面では、ウルウルきてしまいました。

姫川の部下【大塚】が殺されてしまうひとつ前の場面で犯人(黒幕)は判りましたが、エフの本当の正体には驚きました。エピローグでの一場面の疑問が解決しました。

この素晴らしいストーリー展開には圧倒されました。ほとんど一気読みでした。
とても面白かったです。

現在、ドラマをやっているみたいですが、この気持ちを壊したくないので、観ないようにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック