『ピース』 / 樋口 有介

普通に面白いと思いました。 真相は、なんだかなーって感じではありましたが、まいっか! 読み始めは、タイトルについてバラバラ殺人のかけらを意味するものかと思っていました。 でも最後に犯人の動機につながっていることが判明して、文庫本版の表紙の意味も判りました。、 ジグソー 俊介 スマイル!俊介。 420ピース(52…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『向日葵の咲かない夏』 / 道尾 秀介

死んだS君がクモに生まれ変わって主人公(ミチオ)の前に現れる。それもクモは人と会話が出来る。という荒唐無稽な話です。 書き方は、一人称の叙述トリックみたいですが、私には理解不能でした。 妹のミカがトカゲだったり、母親にとってのミカは人形だったり… 私にとっては、難しすぎる内容でした。 ◆あす楽対応◆ポイント10倍◆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤い指」 / 東野 圭吾

家族愛を描いた素晴らしい作品です。 母親の子供を思う気持ちが痛いほど伝わり、思わず泣いてしまいました。 加賀恭一郎が、自分の母親に罪をかぶせようとしたことを間接的に咎めて、過ちを気付かせていきます。そのプロセスが絶妙です。 【送料無料】 漢方治療指針 / 矢数圭堂 【単行本】HMV ローソンホットステーション R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『トライアングル』 / 新津 きよみ

小学四年生の少女、葛城佐智恵が誘拐され殺害された。 同級生であり、最後の目撃者の郷田亮二は、一度は医者になったが、事件が時効になったことを機に、刑事になっていた。 小学4年生の時に描いた「1/2成人式」と呼ばれる10歳の時に未来の自分に当てた作文から物語は始まります。 犯人の手記によって最後に明かされる驚愕の真実。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ツギハギ姫と波乗り王子」 / 桜井 亜美

母親に置き去りにされた過去があるために、心に傷を持つツギハギ姫の柏原杏 国立大を卒業しながら、プロサーファーを目指してフリーターとして生活する日向陸 この二人のせつない恋物語です。 杏の心の傷の深さがポイントですが、杏がとても可哀想でなりませんでした。 ラストシーンもハッピーエンドではない感じで、とても切なさの残る終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「少し変わった子あります」 / 森博嗣

某大学教授は、後輩から勧められていた料理店に、ふと行ってみる気になった。当の後輩がいつのまにか行方不明になっていたからだ。 それは変わった料理店だった。場所は予約のたびに変わり、決まった店員は女将ひとりだけ。 そして、毎回、そのつど違う若い女性が食事に同席してくれる・・・。 最後まで読んで、この本はホラーだったと気づき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『彼女が恐怖をつれてくる』 / 新津 きよみ

戻って来る女 時を止めた女 ぶつかった女 口が堅い女 彼が殺した女 卵を愛した女 結ぶ女 猫を嫌う女 8編の短編集です。 何気ない日常に足をすくわれてしまった女性たちの恐怖の物語という感じですかね。 ホラーなので、どれもこれも怖いです。私が一番印象に残ったのは「彼が殺した女」。なんだか哀しい話しでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more