『悪意』 / 東野 圭吾

画像



犯人のすさまじい悪意、これほどまでに悪意を持って取った行動のすごさに圧巻です。
最終章(加賀恭一郎が犯人へ手紙を通じて語りかける場面)が全ても物語っています。
ストーリーの構成を含めて、よい作りになっていると思いました。
面白く読めた1冊でした。

"『悪意』 / 東野 圭吾" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント