『鬼の跫音』 / 道尾秀介

画像


6編の短編集です。

どの編にも「S」という登場人物が出てきますが、共通点等は一切わかりませんでした。多分ないと思います。

各話とも、半端ない怖さであり、道尾さん特融のどんでん返し的な話が多く、大変面白く読めました。

私が一番怖さを感じたのは、「冬の鬼」という話で、主人公の日記を遡っていく書きかたでしたが、最後まで読んでから、最初に戻ると、その怖さが増大しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック