『ヒア・カムズ・ザ・サン』  / 有川浩

画像



たった7行の、演劇のあらすじ。

真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には全く違う景色が見えた。

この本は、上記の設定のもと、「ヒア・カムズ・ザ・サン 」と「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」の2本立てになっています。

どちらも、楽しく読めました。個人的には、、「ヒア・カムズ・ザ・サン 」の方が好きですが、「~Parallel」の方では、ウルウルしてしまいました。

初「有川浩」でしたが、他の作品も読んでみたくなりました。「有川浩」作品好きかも…

P.S.この本は演劇集団キャラメルボックスとのクロスオーバーから生まれたものみたいです。舞台の方も観てみたくなりました。
http://www.caramelbox.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック